赤指山迷走

< トップページへ戻る

今日は日帰りで七ツ石山へ行ってみよう・・と思い、小留浦から尾根に乗り、赤指山経由で取り付こうと思って出撃したのですが、赤指山の取り付き点がわからず迷走してしまいました。(2009/7/11に旅す)(記事ver2)

奥多摩駅 〜 小留浦 〜 留浦 〜 ドラム缶橋 〜 名称不明ピーク(1104m) 〜 名称不明ピーク三角点(1074.6m) 〜 赤指山(1332m) 〜 赤指尾根 〜 峰谷 〜 奥多摩駅

ほたるドラム管橋。

恐怖の巻き道道無き道。

ズマド山南東尾根ふふふ。。


検証

この日記で歩いているコースはバリエーションルートになります。危険な場所は少ないと思いますが、人通りが少なく、アクセスもあまり良くないために、万が一事故が発生した場合には救助が遅れる可能性が高いルートです。もしも歩かれるなら、十分に情報を収集し、装備を整え、技術を磨いて、万全の体制で挑んでください。なお、このコースは歩く距離が長く、一定量の体力も必要となってきます。

この山旅にオススメの資料はこちらです。
奥多摩登山詳細図/西編―雲取山・三頭山・御前山・鷹ノ巣山 全112コース(amazon)

(2015/12/05)に追記しました

奥多摩駅に到着

東京の最深部、奥多摩駅から西東京バスの鴨沢西行きに乗車、目指すは小留浦バス停、赤指尾根から七ツ石山を目指します。

奥多摩駅に到着です、天気が良いです、そして暑い。

奥多摩駅こんなに暑いのに、大人気の奥多摩駅。

駅前からバスへ乗りますが、極めて本数が少ないので、予めバスの時間を調べておく事が重要ですね。

鴨沢西行きバス駅前のバス停から鴨沢西行きに乗車。

んでは、出発〜。

バスはカーブの多い奥多摩湖畔の道をのろのろと進んで行きます。

坪沢橋

小留浦バス停で降りるつもりが、あれれ・・通りすぎちゃった。

坪沢橋坪沢橋バス停。

次のバス停で降りて、小留浦までちょっとだけ歩きます。

坪沢橋坪沢橋と、坪沢橋バス停留所。

でも、大丈夫、小留浦はすぐそこです。

奥多摩湖右手に奥多摩湖を見ながら。

小留浦

小留浦バス停前です。ここから更に奥多摩駅方向へ進みます。

小留浦小留浦バス停留所。

てくてく・・と歩いて行くと、トンネルが見えてきます。

竹の花トンネル竹の花トンネル手前から左です。

竹の花トンネル竹の花トンネル。

1/25000の地図によれば、ここから先に登山道があり、赤指山へ向かえるはずです。

道山の方へ登ってゆく。

よしっ・・登山開始だ!

コンクリートの道を、こつこつ・・登って行く。

道右手に川がちょろちょろ・・と。

すると・・。

な・・なにっ?行き止まり?

道民家の脇で、行き止まりだった・・。

無理やり突き進むか?と悩んでいたら、民家からお婆さんが出てきて。
(なんだコイツ?)って目でジロジロ見られた。

お婆さんに聞くと、この先の登山道はもう無いとの事。

「雲取山に行きなさい」と一蹴された。

坪沢橋坪沢橋まで戻ってきた。

いきなり計画の見直しをするハメに・・。

地図を見ると、留浦からも赤指山へ続く尾根へ取り付けそうだ。そっちへ行こうかな。

留浦とりあえず、留浦へ車道を伝って歩いてゆく。

車道を歩いてゆくと、左手にドラム管橋が見えてきた。

奥多摩湖むむ!?