湯久保山を歩く。

< トップページへ戻る

今日は湯久保尾根を歩きたいと思います、湯久保山は御前山の南東に伸びる尾根で訪れる人も少なく、静かな山歩きが楽しめそうです。
(記事ver1) (2011/10/8に旅す)

武蔵五日市 〜 part1宮ヶ谷戸(part2尾根通り) 〜 湯久保山(藤小倉) 〜 仏岩の頭 〜 御前山 〜 奥多摩駅


山の中の神社山の中に鳥居。

湯久保尾根湯久保尾根。

避難小屋?!新しい避難小屋?!


武蔵五日市駅にやってまいりました。

今日は湯久保尾根を歩きます。湯久保尾根は同じ秋川流域にある、笹尾根・馬刈尾根(茅倉尾根)・浅間尾根などと比較して影が薄いコースとして有名です(?)

さてまずは、旅の起点となる場所、武蔵五日市駅前から旅が始まります。

駅前の様子。

ここから、バスに乗車し登山口まで移動するのです・・
が、しかし駅に到着してすぐにお腹の具合が悪くなり、
バスに乗りそびれてしまいました(^^;

電車の到着時刻と、バスの発車時刻が近すぎなのである。

ガラン〜とした駅前で呆然と立ち尽くす僕ですが、
調べてみると1時間半後にまたバスがあるようなので、
それまで駅前で待つことにした。

駅前には観光協会があって。

いっぱい山歩きのパンフレットがある。

観光協会でいろんな資料を立ち読み・・。
ここでは、秋川渓谷の様々なアクティビティを体験するための、
観光パンフレットを無料でもらう事ができる。

時間があるので見てみたらけっこうためになる。

パンフレットをもらった後は、駅前のパン屋さんで暇つぶしする。

神戸屋さん。

店内。

パンとコーヒー、美味い。

ちょっと食べ過ぎたかも(^^;)

さて、その後はバスの時間になり、バスに乗ってレッツゴーなわけです。

ところで今回は趣向を変えまして、湯久保山へ続く2つのコースをレポートします。
お好きなコースをお選びください(^^)/

※part1. 宮ケ谷戸・ノーマルルート編:一般コースです。
※part2. 尾根通り・バリエーションルート編:ちょっと変わったルートです。