天地山

< トップページへ戻る

今日は前から気になっていた、天地山に登ります。 アプローチの仕方がいまいちよく 分かってないんだけど、とりあえず行ってみようと言う事になりました。
(記事ver1) (2012/1/29に旅す)

白丸駅 〜 天地山 〜 鋸山 〜 大岳山 〜 御岳山 〜 御岳駅


バリエーションルート?ご利用は計画的に。

アイゼン装着アイゼン装着

食い物が凍るぜ。食い物が凍るぜ。


はじめに・警告

本日歩くコースの積雪期は登山初心者、体力に自信の無い方には生命の危険がございます。
装備・知識・それなりの経験、などを備えられてから挑戦してください。 また当ホームページは私の個人的な日記であり登山ガイドではございません。山行におかれましては、他書籍・資料なども合わせて確認していただき、無理の無い登山計画を立ててください。

白丸駅にやってまいりました。

奥多摩の天地山に登るため、
旅の起点である白丸駅にやってまいりました。

白丸駅のホーム。

白丸駅の次は終点の奥多摩駅ですが、白丸駅で降車する人はほとんどいませんでした。
駅に降り立つと、冷たい風が吹きすさんで身が縮こまりそうです。

※登山計画書提出箱はホーム上にあります。
※ 駅のホームにお手洗いがあります。

白丸駅の様子。

独特な白くて丸いドームを横目にホームから降ります。
初めて降りる駅なのでいまいち勝手がわかりません。
あたりをキョロキョロして観察。

登山口までのアプローチ。

とりあえず、事前に調べてきた方へ進みます。
駅を出て正面にある坂を降ってゆきます。

坂を降る。

しかししばれるねぇ・・・。。山の上はどんな事になっているやら・・。。

坂を降りながら右手に見えた山がステキ。

すぐそこの山を見ると良い感じに雪をかぶっています。
今日はアイゼンを使えそうだな・・なんてのんきに考えていました。

坂を降って国道に合流します。

国道に合流したら、折り返して奥多摩方面へ進みます。

(右手に降ってきた坂が見えます)

寒い寒い・・とは言っても、しっかり厚着してきたので、
歩いている内に体も暖まってきました。

しばし真っ直ぐ進む。

黙々と進んで行くと、遠くにトンネルが見えてきましたが、
その手前に左に入れる場所があります。

アースガーデンの看板があった。

そしてその先にある『数馬峡橋』を渡って行く。

たぶん、こっちでいいはず。

橋の上から見える数馬峡の渓谷美。

なかなか良い感じ。

枯れた木々の合間に岩を洗うように流れる美しい峡です。

ここから見える山の立体感も良いです。

両岸から迫り来る山々の連なりに目を奪われます。

さて、ここから道なりに歩めば『数馬峡遊歩道』です。

こんな所にカフェが・・。

すぐに雪が出てきた。

気分も軽やかに歩いてゆきます。

道の様子。

右手には数馬峡を眺めながらの散策路です。

夏はカヌーなどで遊べるみたい。

おっ・・つららだ・・。。

すごい尖ってる。

距離は短いけどアップダウンが適度にあって、
良いウォーミングアップになる。

道の様子。

そして遊歩道を歩いて行くと・・おや・・なにか見えてきた。

なんだろ。

おおっ・・・トンネルだ〜。

わーい。

まぁ、ただのトンネルだけどね・・(^^;)

なぜか楽しい。

『数馬西トンネル』

さて、トンネルを抜けて、ここから先が迷う。
いまいち情報が少ない。

トンネルを抜けて進むと集落。

地図を見ながら前進。

最初の分岐を右へ(道標も出ていました(右下))
真っ直ぐは行き止まりです。

ここは右。

奥多摩駅方面へ。

進んで行くと見える景色。

道なりに進むと、柿平橋があります。

橋を渡ります。

そして、坂を登って行き、右手の大きい橋の方へ行きます。

坂を登り切った所。

『つきどめばし』

この『つきどめ橋』を渡る途中に左手に、
山へ向かう道がありますのでそこを登ります。

説明が難しいのです。

僕自身も、本当にこっちでいいんかな?と悩みながら登りました。

車道を登ってゆきます。

途中右手にカタクリの群生地などもありました。
春に訪れると見事な群生が見れるみたいです。

ブッ壊れた車。

坂を登って行くと、変則五叉路が出てきます。
一見すると五叉路には見えない。

変則五叉路です。

こっちへ進む。

車道から右へ入るとそこがさらに3ツ股に分岐しています。
よって変則的な五叉路って感じです。

そしてここから山へ入ります。

山登り、開始かな・・。。

天地山へのアプローチは バリエーションルートを楽しむ―花・巨樹・滝・眺望 魅力の100コース (新ハイキング選書)(amazonへジャンプ)なども参考になるかと思います。